家庭教師の傾向について|理想の転職先を見つけたいなら、専門性の高い転職サイトを使おう!

理想の転職先を見つけたいなら、専門性の高い転職サイトを使おう!

家庭教師の傾向について

就職した男性

家庭教師のバイトは販売や接客などのバイトが最低労働賃金に従っているものが基本であることに比較すると、金額や価格については時給が高めであることは間違いありません。家庭教師の派遣会社は大手のチェーン店が多いので、労働条件も整っているといえます。事務所所在地の近くの学生が中心となりますので勤務地も事前に絞り込めるため、通える範囲内で選べます。大手のチェーン店に登録して家庭教師のバイトをするとテキストや指導方法もあらかじめ決まっていることが多く事前に準備することが少なくて済みますから、時給以上のメリットがあるといえます。自分の得意科目だけを教える、相性が合わなければ担当を変更してもらえるなど細かい調整ができるところも大手ならではの魅力です。

家庭教師のバイトの現在の取り組みやトレンドはテキストに従って教えるだけでなく、生徒の弱点やくせを見つけて得意科目へシフトすることまで求められます。成績が上がれば指導者、生徒ともに自信を持つことができ、信頼性を強めることができるようになります。しかしバイトであっても生徒の成績が上がらなければ家庭教師の質や勉強量が原因であると考えられてしまいますから、責任を押し付けられて精神的に追い詰められたり、生徒の学習時間を増すことにつながり、拘束時間が長期化してしまう傾向があり、週1、得意科目1科目など都合にあわせて働きたいと希望しても、勉強と仕事の両立が難しくなってしまう傾向があります。研修を受け、生徒を紹介してもらってトラブルの相談もでき、交代したいときにはセンターが責任を取ってくれるという体制であっても、給与を家庭から直接受け取っている場合には個人的な信頼関係を壊すことにつながり、対人関係でのトラブルを招くリスクが生じます。